はなたれブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【アキバ】救護者は検査を!秋葉原事件の被害者に『B型肝炎』患者が

<<   作成日時 : 2008/06/11 07:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

秋葉原の無差別殺傷事件でちょっと怖い懸念が…

被害者の中にB型肝炎患者がいたそうです。

血液感染の恐れがあるため、事件現場で救護に当たった人がいたら医療機関で検査を受けてくださいとのことです。

アキバ負傷者にB型肝炎患者 救護参加者呼び掛け
スポニチより

 東京・秋葉原の無差別殺傷事件で、警視庁万世橋署は10日、負傷者の1人がB型肝炎患者だったため救護に当たった人に血液感染の恐れがあるとして、医療機関で検査を受けるよう呼び掛けた。

 万世橋署は「同じナイフで多くの人が刺されているため、救護者全員に感染の恐れがある。至急検査するか、署に通報してほしい」としている。


怖いですね、これは…

ナイフによる無差別殺傷事件にこんなリスクが隠れていたなんて、驚きました。

負傷者の救護に当たった人にまで及ぶリスク。



この件はこれからの一般の人たちによる救護活動に影を落としそうで心配ですね。

出血している人を救護する時に、

その人が血液感染する病気を患っていたら、

自分にも感染する恐れがあるかもしれないと考えて、救護をためらってしまう。

そんな人たちが増えていきそうです…


救護するのが自分の家族や友人ならためらいもないけれど、




赤の他人だったら…




そう考えると…






「俺はそんなの関係なく助ける!」

そう断言できる自信はありません…(;´Д`)

C型・B型肝炎の治療とケアQ&AC型・B型肝炎の治療とケアQ&A
藤岡 高弘

照林社 2007-08
売り上げランキング : 66613

Amazonで詳しく見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

重要なお知らせ

ブログを移転しました
⇒新サイトはこちら
new!

はなたれストア


 
本日:
昨日:

ネットでお小遣い

【アキバ】救護者は検査を!秋葉原事件の被害者に『B型肝炎』患者が はなたれブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる